2011年01月12日

風邪とインフルエンザの違い

最近インフルエンザが流行しているようですね病院
特に北海道では流行っているようです。

最近は皆さんご存じだと思いますが、インフルエンザとカゼとは全くの別物です

昔は風邪の強いのがインフルエンザくらいに勘違いしている人が結構多かったようです。

風邪はひき始めは、くしゃみ、鼻水、のどの乾燥感などですが、インフルエンザは悪寒、頭痛といった熱症状です。

インフルエンザは高熱によるものが主な症状と考えていいと思います。高熱による全身の倦怠感や節々の痛みといった症状が出てきます。
風邪では熱は出ますが、高熱にならないのが普通ですから。
全くの別物ですよ。

インフルエンザ対策、ちゃんとしておきましょうね。


posted by kaisei1 at 19:11 | Comment(2) | アスク>病気・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうでした〜
昔(・・?は冬にひく、熱が上がる風邪を、
インフルエンザと思っていたような・・・(笑)
お医者さんも、特にはっきりさせてなかったように思います(*_*)
心して!対策しなきゃ!!ですね(^^)
Posted by き at 2011年01月14日 20:19

その非常に良いことは、風邪やインフルエンザが完全に異なっていること
Posted by エナブレックス at 2011年06月02日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。