2013年07月29日

自ら「むち打ち症」を体験

昨日むち打ち症をやってしまいました(ーー;)

むち打ち症と言えば、交通事故に遭われた方がなるもの…と想像してしまいがちですが、むち打ち症とは首が正常の範囲を超えて動きすぎた結果、筋肉や靭帯等を損傷したものの総称ですので交通事故以外でもお仕事やスポーツでケガをした時も起こります。

私の場合は交通事故ではなく、マット運動で行うような「後転運動」をしたときに痛めてしまいました(ギリギリスポーツ傷害と言わせてください^_^;)

なぜ「後転運動」をやったかというと、我が家の部屋の模様替えを行い、イメージ以上に広くなった開放感で思わずしてしまった次第です。息子の目の前での失態であったため何事もなかったように振舞ってみましたが、やはり痛みは徐々に強くなるのがわかりました。

実際に首を痛めてしまうと痛みを避けるため姿勢も悪くなり他の箇所までつらくなるという悪循環に陥ってしまいますので早めの治療が必要です。交通事故に限らず「むち打ち症」でお困りの方は、私のように早期の治療をお勧めします時計

ちなみに現在の私の症状は首を右へ回旋するときの痛みが強いので、私に御用のある方は左から声をかけてもらえると助かりますたらーっ(汗)



posted by kaisei1 at 14:38 | Comment(0) | ブルーモリス>休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。