2010年04月03日

ハリ治療の後のお風呂

またもお風呂ネタです(笑)

よく患者さんから「鍼した後はお風呂に入っていいの?」と質問を受けます。以前、治療院で鍼治療を受けた方からの質問が多いようです。先生によってはお風呂を制限することもあるようですが、当院ではお風呂に入っていいですよと伝えています。

そもそもお風呂を制限する理由として、鍼をした箇所から菌が進入してくると考えられていたようですが、鍼をしたところはすぐに塞がるのでお風呂に入っても問題ありません。

ただ治療直後は鍼の効果を持続させようと身体が頑張っている最中ですので、身体を休めることが一番です。よって治療直後に疲労感があるようでしたら、お風呂はしばらくたってからのほうが良いでしょう。

また、患者さんの症状によってはお風呂を制限する場合があります。
詳しくは過去のブログをご覧ください。

温める?冷やす?


posted by kaisei1 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーモリス>治療内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

色の力!「レインボーテープ」

当院では、以前ご紹介した刺さない鍼「レインボーパワー」の他にもう1つレインボーと名のつく治療器具があります。その名もレインボーテープです。

レインボーテープ.jpg

素材が特殊な線維でできていて三角形と丸形の二種類あり、各7色あります。経穴(ツボ)や疾患部位に貼付することにより鍼や刺さない鍼で調整した体の状態を家に帰ってからも持続させる事ができます。

東洋医学では、色に治療効果があると考えられていて、循環器系の疾患には赤、消化器系の疾患には黄、泌尿器系の疾患には黒がよいとされていて、その症状に合った色を選んで貼付します。

基本的にお風呂に入ってもレインボーテープの部分を擦らなければ大丈夫なのですが、レインボーテープを貼る部位は手足のことが多く、よく動かす場所であるため、はがれてしまうこともバッド(下向き矢印)

レインボーテープ2.jpg

靴下を履くときにはがれたり、寝ているときに毛布にくっついていることもあります・・・

レインボーテープ3.jpg

また水仕事が多い主婦の方にとってレインボーテープを貼り続けることはたやすいことではないかもしれません。ですがレインボーテープの上から絆創膏を貼るのはお勧めできません。

というのも、色自体に治療効果があるので、隠してしまうことで効果が落ちてしまうのです。

どうしてもはがれやすい場所には、レインボーテープの上から透明なテープを貼ります。

皆さん、レインボーテープが貼っていた際は優しく扱ってくださいムード

目指せ!4,5日キープ!!
posted by kaisei1 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーモリス>治療内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

刺さない鍼「レインボーパワー」

当院の治療でよく使われる優れもの。その名もレインボーパワー。
この金メッキで覆われた一見不思議な物体ですが、非常に使い勝手のよい治療道具なのです。

レインボーパワー.jpg

まず、鍼と同様な効果を患者さんに刺すことなく当てるだけなので、
鍼に恐怖感がある方でもこれなら問題なく治療を受けられます。

鍼を刺しにくい目の周りなどにも簡単に使えるので、
当院では目の疲れにも使用していてその場で効果を感じることができます。

また自分がツボの勉強をする際レインボーパワーをツボに当てながら場所の確認をすることで
ただ暗記するよりも効率よく覚えることができました。

このような優れもののレインボーパワーですが、院長からレインボーパワーをお借りする際、

「先生、パワー貸してください」

という言葉を他の患者さんが聞いて、院長のみなぎるパワーを
おすそ分けしてもらっていると感じる方がいないか多少の不安はあります…(実際欲しいところですがあせあせ(飛び散る汗)

また、場所がわかれば誰でも使用できる使いやすさがありますので、
懐に余裕のある方は1家に1パワーあってもいいですねかわいい
(かなり高価なものです・・・)
posted by kaisei1 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーモリス>治療内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。