2012年08月06日

おすすめ運動メニュー

今日はタイプ別におすすめメニューを組んでみましたので参考にしてみて下さい 体力に自身があるが太り気味の男性 @ウォーミングアップ Aスロートレーニング(腕立て伏せ・スクワット・腹筋・背筋 各10回×1セット) B少し息がはずむ程度で20〜30分ランニング Cクーリングダウン ・この流れを週2〜3回 ・毎日同じ時間に体重や体脂肪率を測ることをおすすめします ・太り気味だと膝に負担がかかりやすいので、痛みがでるようなら量を減らす しばらく運動をしていない..
posted by kaisei1 at 12:03

2012年08月02日

しっかりトレーニング

今日はしっかりと運動したいという人のために 効率の良い運動の方法について書いてみますね 少し長くなりますよ・・・ 効率の良い脂肪燃焼筋力増強、両方の観点から 無酸素運動→有酸素運動」の順で行うのが効果的です @ウォーミングアップ(軽い運動、ストレッチ) A無酸素運動を行ない、脂肪分解を促すホルモン分泌を高める B有酸素運動を行ない、ホルモンにより分解された脂肪をエネルギー源として使う  ここでは無酸素運動でたまった疲労物質を取り去る意味もあり..
posted by kaisei1 at 15:13

2012年07月20日

活動代謝

以前にブログでダイエットについて連載したことがあります。 →http://blog.kaisei-tiryo.com/article/163902817.html(2010年9月27日〜10月25日) ホームページでは簡単にまとめてあるので興味のある方は見て下さい。 →http://www.kaisei-tiryo.com/message.html#15 ちょっと復習すると脂肪はカロリーの蓄積ですから、カロリーが余れば脂肪が増えるしカロリーが足りなくなれば脂肪が減..
posted by kaisei1 at 16:13

2012年01月04日

快生だより18号「インナーマッスル」

あけましておめでとうございますぴかぴか(新しい) 本日より、通常通りの診療がスタートいたしました。 今年もよろしくお願いいたします。 今月の快生だよりは「インナーマッスル」がテーマです。 24011c.jpg 24012c.jpg インナーマッスルとは体の奥にある筋肉で、 ・姿勢の維持 ・関節の安定化 ・アウターマッスル(力こぶの筋肉など大きく動かす筋肉一般)の補助 など、「縁の下の力持ち」的な存在の筋肉です手(グー) インナーマッスルの働きが低下することで、 ・肩こり ・五十肩..
posted by kaisei1 at 17:57

2011年10月21日

眼球トレーニングソフト

最近パソコンのソフトで眼球トレーニング目のソフトがあったのでやってみました。 やりだすと結構面白くて、毎日何回もやってました。 すると目の中がゴロゴロどんっ(衝撃) うっexclamationまたやり過ぎてしまったがく〜(落胆した顔) 何でもやりだすとついついやり過ぎてしまうたらーっ(汗) 患者さんにはやり過ぎは注意するんですけどね。 まぁ、患者さんの気持ちがわかるためには自分でも経験しておかないと。 ということで、これからもいろんなことでやりすぎちゃう予定です。
posted by kaisei1 at 08:46

2011年07月01日

「快生だより」15号

アッという間に今年の半分が過ぎまして、早くも7月突入! 今回の「快生だより」は、先日院長のブログでも登場した視力回復トレーニングを取り上げています。 視力回復法2 視力回復法 23071c.jpg 23072c.jpg メガネやコンタクトレンズの装着、レーシック手術をする前に、視力回復トレーニングで自分の目と脳を鍛えましょう。
posted by kaisei1 at 18:57

2011年06月27日

視力回復法2

前回に続き、今回は内眼筋のトレーニングについて書いてみます。 内眼筋はピントを調節する遠近法と調節力トレーニング。 虹彩の動きをスムーズにする虹彩トレーニングがあります。 内眼筋1小.jpg 内眼筋2小.jpg 私の親指の爪にはマジックで黒い点が書いてありますが、決して汚れではありませんので。念のため。
posted by kaisei1 at 13:07

2011年06月24日

視力回復法

今日は私が時々やっている視力回復のトレーニングを説明します。 主に目の筋力のトレーニングなのですが、大きく分けて眼球を動かす外眼筋のトレーニングと水晶体の厚みを変える毛様筋や虹彩の大きさを変えるための筋肉などの内眼筋トレーニングがあります。 他にも見るための脳のトレーニングなどもあるのですが、それはやっていないので、まずは外眼筋のトレーニングについて説明します。 外眼筋小.jpg 速読のトレーニングにも使われていますよね。 私は車の運転をしていて、信号待ちの時な..
posted by kaisei1 at 08:59

2011年06月18日

視力回復トレーニング

もう20年近くも前に視力アップのためのトレーニングをやったことがあります目 確かに効果はありましたグッド(上向き矢印) 眼鏡は確かに必要だと思いますが、トレーニングもやっておいた方がいいかなと思い先日からまた時々やっていますあせあせ(飛び散る汗) ということで来月の快生だよりは視力回復のトレーニングについて書いてみようかと思います。 何よりも老眼も近視も乱視も辛くなってきた自分のために。
posted by kaisei1 at 08:05

2011年02月21日

腱板損傷

四十肩・五十肩とよく間違えられるものに腱板損傷というのがあります。 腱板損傷の場合には腱板(棘上筋腱)が部分的に断裂したり完全に断裂したりしています。 この場合はMRIで判別がつきますので、MRIを撮ることをお勧めします。 完全に断裂していればちゃんと治すには手術しかありません。 「激しいスポーツはしないので気長にトレーニングして治します」という方は、周りの筋肉を鍛えることで、断裂したままでも問題無く使えるようにはなりますが。 四十肩・五十肩と腱板断..
posted by kaisei1 at 13:17

2010年10月09日

基礎代謝 ながら運動

今日はもう一つお勧めの運動を紹介します。 それは「ながら運動」です。 新聞を読みながらストレッチ。 テレビを見ながらスクワット。 学生さんなら腕立て伏せをしながら暗記の勉強。 そんな感じで何かをしながら簡単なトレーニングをしていけば時間を有効に使いながら、しかも比較的飽きずにできるのではないでしょうか。 基礎代謝を高めるためにトレーニングの質や方法といったことは大事かもしれませんが、実は一番大事なことは「続ける」ということなんです。 どんなに..
posted by kaisei1 at 08:27

2010年10月08日

基礎代謝 ちょこまか運動

昨日は筋トレの方法について書きましたが、トレーニングというほどではなくても日常チョットした心がけで代謝を上げることは簡単です。 私のお勧めは「ちょこまか運動」です。 「ちょこまか運動」とは日常の家事などのちょっとした動きを意識的にてきぱきやることです。 オーバーアクションにする位の感じで良いでしょう。歩く時も大股で。 エレベーターの代わりに階段を速足で。 だらだらとやると消費エネルギーは少ないのですが、オーバーアクション気味にてきぱきやると消費エネルギー..
posted by kaisei1 at 08:21

2010年10月07日

基礎代謝 筋力トレーニング

最大筋力を鍛えるトレーニングをする時にはウォーミングアップが不可欠です。 ウォーミングアップにはストレッチと軽い負荷での運動(エアロビック)をやっておきましょう。 その上で速筋を鍛える最大筋力またはパワーのトレーニングをします。(10月5日の記事参考) 速筋のトレーニングをしたあとは疲労物質が溜まります。 その疲労物質を取り去る意味でエアロビックトレーニングとストレッチをします。 そして疲労が回復したらまた速筋のトレーニングをします。 速筋のトレー..
posted by kaisei1 at 08:25

2010年10月05日

基礎代謝 筋肉量を増やす

基礎代謝を高めるには具体的にどうしたらいいか、それをこれから順次書いていきますね。 みなさんもできるところから実践してみて下さい。 私は思いつきで書いていきますので、間違っていたり補足することがあったりしたらどんどんご指摘ください。 まず第一に思いつくのは筋肉量を増やすことです。 基礎代謝はその4割が筋肉によって消費されます。 ですから筋肉量を増やすということはそのまま基礎代謝を増やすことに繋がります。 筋肉量を増やすことだけを考えるなら、最大筋力..
posted by kaisei1 at 08:46

2010年09月06日

良い汗をかくためのトレーニング

能動汗腺を増やすには、肘から先の腕と、膝から下の脚だけを熱めのお湯につけて汗を出す方法がお勧めです。 特に脚は高齢になると休眠汗腺が多くなる場所です。 顔には玉のような汗をかくのに、脚には全然汗をかかないという人いませんか? 年齢がいくと結構いるはずです。 そういう人は特に脚から汗をかけるように汗腺トレーニングをしましょう。 とにかく脚を温めることで汗をかくというふうにすることです。 そして最も効果的なのは身体を動かして汗をかくということ。 スポ..
posted by kaisei1 at 12:47

2010年01月20日

冷え性

今日はあったかいですね。 でも明日からまた冷え込むようです。 なので冷え性についての豆知識を書いておきますね。 冷え性とは簡単に言えば体温調節がうまくいかないために手足や全身が冷えてしまうものですが、一口に「冷え性」と言ってもさまざまな原因があります。当然その原因によって対策も違ってきます。 長年治療をしていて一番多く見かけるのが自律神経のバランスが悪いために起こってくるものですが、他にも血行不良・低血圧・貧血・基礎代謝の低下等いろいろあります。 ..
posted by kaisei1 at 08:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。