2013年05月20日

上ヶ島院長の講演会が開催されました!

5月18日(土)に札幌エルプラザで「痛みでわかる予防法」をテーマに講演会が開催されました! 病院等で痛みの原因が分かったとしても必ずしも痛みが改善するとは限らないケースが存在することに触れ、その際に大事なのが患者さんご自身が結果で判断することの重要性を伝える内容で、後半は講演会に参加された方といっしょにストレッチを行い、痛みの変化を実感していただきました。 ご参加された皆様、ご来場ありがとうございました。 CIMG0999.JPG CIMG1005.JPG
posted by kaisei1 at 12:10

2011年08月26日

3回で十分です

先日来院した患者さんが、以前にカイロにかかって首のヘルニアだから症状が改善するには1年かかると言われてきたようですがく〜(落胆した顔) 今までの患者さんの話を聞いていると、カイロでは「これはひどい状態だ!」と脅して通わせるというケースが結構多いようですたらーっ(汗) 症状が改善するのに1年かかると言っておけば、効いていなくても1年通ってくれるわけですから、商売ふくろとしては成り立ちますよね。 でも私の20年以上の経験で、ほとんどのものは3回で十分に症状が改善されますexclamation×2 それで症状が改善されない..
posted by kaisei1 at 10:54

2010年12月04日

先入観を取り除く

先入観を取り除いて考えるというのは 意外と難しいんですよね。 私も結婚したての頃は 「家庭はこうあるべき」とか「妻はこうするのが当たり前」というのが 自分でも気付かずにあったんですね。 でも結婚してみると、 奥さんの「家庭はこうあるべき」と 私の「家庭はこうあるべき」は微妙に違うんですね。 そういうことに気が付くまで1年かかりました。たらーっ(汗) 自分の中では当たり前すぎて考えることさえなかったんですね。 世の中の常識だと思っていたんです。 でも何..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年12月03日

事実は嘘をつきません

結果で判断することの重要性は今まで何度も言ってきました。 言葉というのは便利なものです。 詐欺師はうまく言葉を使って相手をだましていきます。 でもそのニュースを見るとTV 「なんでこんなことで騙されるんだろう」と不思議に感じます。 ニュースでは結果を淡々と伝えていきます。 結果を時系列で並べられれば 信用できないのは誰の目にも明らかです。 でも当の本人は言葉巧みに説得され続けているんです。 感情に訴えながら。 その言葉に巻き込まれ冷静な判断が出来なく..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年12月02日

結果で判断するのが一番間違いがない

昨日は痛みの出方がわかると ある程度自分で対処できるということを書きましたが、 我々プロも基本的には同じ考え方をするんです。 どうやったら痛くなるのか。じゃぁどうやったら楽になるのか。 それがわかったらある程度の方針がたちますから、 それでやってみて、実際に良くなったかどうかを確かめるんです。 良くなったのであればその方針で進んでいいということですし、 良くならなかったら別な方針を立てなければいけないということです。 どんな世界でもみんな同じだと思うん..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年11月13日

結果で判断することが大事です

最近パワーバランスをしている患者さんをよく見かけます。 何人かに効果を聞いてみたのですが、あまりよくわからないようですね。 基本的に私は何でも試してみるのは良いことだと思っていますから、 患者さんに聞かれた時には 「良さそうだと思ったものは試してみたらいいですよ。 大事なことはその結果をしっかり見ておくことです。 結果が良かったら続けた方が良いし、 結果が悪かったらやめればいいのだから。」というふうに答えています。 患者さんが試してみれば、その結果を私..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年03月19日

結果で判断

私は患者に 「3回で判断して下さい」 ということを口を酸っぱくして言っています。 3回で変わらないものが10回で急に良くなるはずがないのだから。 口では何とでも言えます。でも結果は嘘をつかない。 治療する側も自分の治療が合っていたかどうかというのを結果で判断しているんです。 その一番の基準は検査値や症状なのだから、症状は患者が一番良くわかるはずです。 理屈より何よりまず結果です。 みなさん、何事も結果で判断するようにしましょう!
posted by kaisei1 at 08:04

2010年01月23日

3回で判断

初診の患者さんの話を聞くと、もう半年も治療に通っているのに少しも良くなっていないとか、何ヶ月も通っているのにだんだん悪くなってきて手術を勧められているという話を聞くことがある。 ずいぶんもったいないと思う。 良くなっていないところでいつまでも通うよりも、良くなるところを探したほうが手っ取り早い。 たいていは3回も治療してみれば良くなる感じがあるはずである。逆に良くなる感じが無いようであれば、それは効いていないと考えた方がいい。 良くならないのであれば通うだけ無..
posted by kaisei1 at 08:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。