2012年03月21日

危険なめまい

先週めまいについて書きましたが、ちょっと補足をしておきます。 皆さんはめまいが起きた時にまず心配になるのが脳の問題でしょう。 なのでめまいが起きた時には、まず脳卒中などの危険な兆候があるかどうかを考えましょう。 危険なのは、めまいの他に意識障害、言葉の障害(ろれつが回らない)、運動・歩行障害、燕下(飲みこみ)障害、麻痺、物が二重に見える、激しい頭痛などがある場合です。 この場合には脳卒中などの危険な場合があります。 迷わずに、ただちに救急車を呼びましょう。 ..
posted by kaisei1 at 14:53

2011年01月28日

薬の必要のない身体を目指しましょう

ロキソニンもそうですが、薬に頼るというのはよくよく考えてからにしないとダメですよ。 例えば頭痛なども薬に頼り過ぎると、鎮痛剤を飲み過ぎることによる頭痛というケースが出てきます。 そうなってしまうと、もう泥沼にはまってしまいます。 鎮痛剤はあくまで一時しのぎのもので、病気を治しているものではないということを頭に入れておかないと。 そして、薬には必ず副作用があるということをしっかり頭に入れておかないと。 試しに薬を検索するようなサイトを眺めてみて下さい。 ..
posted by kaisei1 at 07:56

2011年01月12日

風邪とインフルエンザの違い

最近インフルエンザが流行しているようですね病院 特に北海道では流行っているようです。 最近は皆さんご存じだと思いますが、インフルエンザとカゼとは全くの別物です 昔は風邪の強いのがインフルエンザくらいに勘違いしている人が結構多かったようです。 風邪はひき始めは、くしゃみ、鼻水、のどの乾燥感などですが、インフルエンザは悪寒、頭痛といった熱症状です。 インフルエンザは高熱によるものが主な症状と考えていいと思います。高熱による全身の倦怠感や節々の痛みといった症..
posted by kaisei1 at 19:11

2010年11月26日

二日酔い対策

昨日の注意を守って胃腸の調子は万全! さて、いよいよ忘年会。ということで飲む時には当然飲み過ぎてしまうでしょう。 年末の恒例行事ですから、パーっと飲んでもいいですよね。わーい(嬉しい顔)ビール 1年に1回位は羽目を外さないとね。るんるん でも二日酔いには気をつけて下さいね。 では二日酔いにならないための注意を。 1.食べながら飲む 栄養のバランスのとれたもの、それもタンパク質や脂質を含んだ食物を食べましょう。 2.ウコンを利用する ウコンに含まれるクルクミンという成分は肝機..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年11月10日

実はわかってない頭痛

時々思い出したようにズキン頭の一ヶ所が痛くなる頭痛。 経験ある人も結構いるのではと思うのですが、 これがネットで検索しても書籍で調べても出てこない。 質問コーナーで質問している人は何人もいるのですが、 回答が片頭痛とか、耳の後ろの痛みなら耳鼻科に行くといいとか見当外れの回答ばっかり。 意外とわかっていないんだなぁと思いました。 私も今まで何人か診てきたのですが、だいたい胸鎖乳突筋の1ヶ所に問題があって、 そこに鍼を1本打つだけで治ってしまうこ..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年09月08日

「快生だより」9月号

9月の快生だよりです。 だより9月表.jpgだより9月裏.jpg 今回は首のストレッチを紹介します。 頭痛、肩こりのある方はお試しあれ。
posted by kaisei1 at 08:11

2010年06月08日

便秘 自分のタイプを知りましょう

先週便秘について大雑把に書きましたが、今週はもう少し詳しく書きたいと思います。 まずは自分のタイプを知ることが大切です。 下痢と便秘を交互に繰り返す症状があればまず痙攣性と思っていいでしょう。 またストレスを受ける時と便秘になる時が関連性があるようでしたらこれも痙攣性の可能性大です。 朝通勤電車で便意を感じ我慢するということが続いたり、便意はあったがトイレに行けない状況で。そういうことが続いた後から便意がおきなくなってきたのであれば直腸性の可能性が高いでし..
posted by kaisei1 at 08:47

2010年04月22日

潰瘍性大腸炎

先日ホームページの「患者様の声」に潰瘍性大腸炎のモニター患者の体験談を載せましたが、その続編をまた書いてくれましたので読んでみて下さい。 潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛A 潰瘍性大腸炎は特定疾患に指定されている難病ですが、実際に治療してみるとそれほど難しいという感じは受けません。 西洋医学と東洋医学は得意分野が違うんでしょうね。感染症や緊急に命が危ないといった場合は何と言っても西洋医学が強いような気がします。 逆に慢性疾患や原因がハッキリしないようなものは東洋医..
posted by kaisei1 at 08:50

2010年03月15日

13日の「変形性膝関節症」の質問に対して

今日は13日のたまこりんさんの質問にお答えいたします。 東洋医学的には運動器疾患に対して経筋治療という方法を良くとります。 これは異常のある経絡の手足のツボに皮内鍼を入れるという簡単な治療なのですが、時に著効を示します。 確か変形性膝関節症の患者さんにもこの治療がメインだったような気がします。 痛いところは膝でも治療は指の付け根の所になります。 これは経絡とツボの性質から指の付け根のツボに鍼を打つことになるのですが、五十肩の患者さんなども皮内鍼を1本入れただ..
posted by kaisei1 at 11:14

2010年03月02日

群発頭痛

今日は頻度としてはかなり珍しいのですが、一旦おきると1〜2カ月間も毎日のように激痛がおきるという群発頭痛について書いてみます。 症状としては片方の目の奥にえぐられる様な激痛が数十分から3時間ほど続くのですが、なぜか男性に多いようです。 毎年同じ時期になるとおきるという特徴があります。 過去に何例か治療したことがありますが、緊張型頭痛や片頭痛は大抵は1〜2回で痛みが治まるのに対して、群発頭痛は数回かかることが多かったと思います。なかなか鍼をもってしてもしつこい頭痛です。群..
posted by kaisei1 at 15:37

2010年03月01日

片頭痛

今日は女性に多い片頭痛について書いてみます。 生理痛の時の頭痛もこの片頭痛と言われています。 ズキンズキンという脈と同じリズムの頭痛であればこのパターンと思っていいでしょう。 「閃輝暗点」といって、頭痛の前兆として視界の一部にギラギラとした光が現れる場合もあります。また気持ちが悪いとか空腹感という前兆がおこることもあります。 頭痛に伴って吐き気がおきる場合もあります。 頭を振ると痛いのもこの頭痛の特徴です。
posted by kaisei1 at 12:49

2010年02月27日

緊張型頭痛

今日は慢性頭痛の中で一番多い緊張型頭痛について書きます。 これは首や頭の筋肉のコリによっておこります。 ですからコリが溜まってくるような状況でおこりますし、コリを取ってやることで治ります。 慢性頭痛の中では一番多いパターンで、疲れが出てくる夕方や、パソコンや車の運転、会議や人と会うなど緊張したり一定姿勢でいると起きやすくなります。 症状としては後頭部や頭全体に締め付けられるような痛みになることが多く、お風呂やマッサージで良くなります。 軽い運動をしたり温..
posted by kaisei1 at 07:55

2010年02月26日

すぐには危険の無い頭痛

今日はすぐには心配のない頭痛、慢性頭痛について書いてみます。 いわゆる「頭痛持ち」の頭痛です。 1.緊張型頭痛 一番多い頭痛で夕方になると痛くなって来ることが多く、後頭部や頭全体に締め付けられるような痛みがおきます。 2.片頭痛 ズキンズキンと脈を打つように痛む事が多く、場合によっては頭痛の前にギザギザの光が見える 3.群発頭痛 頻度は少ないのですが出始めると毎日のように続く これらは繰り返しおこることが多く、緊張型では肩が凝っているときに、片頭痛で..
posted by kaisei1 at 08:40

2010年02月25日

検査が必要な頭痛

今日は救急車を呼ぶほど緊急性はないけれども、危ない病気が潜んでいる可能性があるので一度検査を受けておいた方がいい頭痛を取り上げてみます。 1.早朝におこる頭痛 2.1〜2ヶ月前に頭を強く打ったことがある 3.めまいがある 4.視力障害がある 5.頭痛薬が効かない こんな症状があるときには一度病院で検査を受けましょう exclamation 不安があればいつでもご相談ください。必要があればうちの隣は内科ですから、そのまま隣の内科で診てもらうことが..
posted by kaisei1 at 08:31

2010年02月24日

今すぐ危険な頭痛

元旦にこのブログを始めてからずっと平日は毎日更新していたのに、シーサーネットのサーバーのメンテナンスで昨日は更新できませんでした。チョット悔しいです。 気を取り直して、今日は危険な頭痛について書いていこうと思います。 頭痛の多くは「今すぐ危険」というものではありませんが、中にはすぐに救急車を呼ばないと危険なものがあります。 もしもこんな症状がでたらすぐに救急車を呼んで下さい。 1.いままでに経験したことがないような激しい頭痛 2.突然痛くなった 3..
posted by kaisei1 at 15:13

2010年02月22日

頭痛

慢性の頭痛で来院される患者さんが時々いるのですが、そういう患者さんの多くが頭痛薬を常用しています。そして話をしていて不思議に感じるのが「頭痛薬で治るうちは大丈夫だと思っていた」という言葉。 頭痛があるということ自体が大丈夫じゃないんですよ ! 頭痛薬というのは痛み止めですから、悪いところを治しているのではなくて、悪くても痛みを感じないようにしているものです。痛みというのは「悪いということに気付きなさい」というサインですから、言ってみれば火災報知機のようなものです。..
posted by kaisei1 at 12:52

2010年01月22日

FMアップル

昨日Yahoo!で自分のブログを検索してみたら「はちみつと犬」というFMアップル(ラジオ局)のパーソナリティの方のブログに私のことが載っていました。嬉しいものですね。 昨年ラジオに出演していたことがあって、その収録に行ったときにたまたま頭痛持ちの方がいたので簡単に治療したのですが、ラジオ局の人達がみんな集まってきてギャラリーに囲まれての治療となりました。普段他人に見られて治療することはないので緊張しっぱなしでした。懐かしいなぁ〜 たまこりんさんへ 20日の冷え性..
posted by kaisei1 at 08:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。