2011年03月05日

「快生だより」3月号

3月に入り、また大雪が降りましたね。 春の気配はまだまだなのでしょうか。 今月の快生だよりのテーマは「慢性便秘」です。 23031c.jpg 23032c.jpg 慢性的な便秘は、主に3つのパターンに分けられます。 それぞれのパターンに適した対策をとることで、慢性便秘を解消しましょう。
posted by kaisei1 at 10:00

2010年07月12日

ウサギの解剖

腸は第二の脳と言われるくらい面白いので今日は腸の話をしようかと思ったのですが、便秘の話に始まって3週間にわたってその手の話題ばかりなので少々くどすぎるかなと思いやめることにしました。私もチョット飽きてきたので。 ということで、どんな事を書いてほしいかリクエストがあったらうれしいなぁ。 そういえば昔専門学校の学生時代にウサギの解剖をしたのですが、盲腸がものすごく長いんです。草を消化するのに盲腸が必要なんですね。 耳に麻酔を打って手足を釘で固定するのですが、その..
posted by kaisei1 at 12:58

2010年07月10日

大きなお便り 解説

今日は一昨日の「大きなお便り」を解説しておきましょう。 うんちの色を作っているのはビリルビンという色素で胆汁に含まれています。 胆汁は肝臓で作られ、胆のうで一旦濃くしてから便に混ぜられます。 黄色い色が付いていないということは肝臓の異常で作られないか、作られたものが漏れてしまうか、またはそれが腸まで送られる道が閉じていて送られないかということです。 逆に便秘の場合にはうんちが腸に留まっている時間が長いですから、その間にビリルビンがいっぱい混ざってしまいます..
posted by kaisei1 at 09:21

2010年07月08日

大きなお便り

今週はうんちシリーズできていますので今日もうんちの話題でわーい(嬉しい顔) うんちって漢字では大便ですよね。読んで字のごとく大きなお便り mail to なんですね。 では何のお便りかと言えば体調のお便りなんです。 毎日お通じがあってもコロコロしたうさぎのうんちのようであれば便秘と考えて下さい。 逆に3日に1回でも形にならないような柔らかいうんちであれば下痢です。 健康的なうんちはにおいが少なく黄色っぽい色でバナナ状の形をしています。 それ..
posted by kaisei1 at 09:32

2010年07月05日

うんち

先々週から 便秘 → おなら と来ていますから、その流れでいけば当然今週は「うんち」ですよね。 ということで今日はうんちの話題にします。 うんちは皆さん食べカスだと思っていませんか? もちろんそうですが、その約3分の1から半分は細菌や細菌の死骸なんですよ。知らなかったでしょ。 腸の中には100種類以上、100兆個以上の細菌が住んでいます。 人間の細胞の数は60兆個と言われていますから、数だけで言えば身体の細胞の数を上回るということですね..
posted by kaisei1 at 13:25

2010年07月03日

続おなら

先週は便秘 → おならの話題でしたから、今日もおならの話題でダッシュ(走り出すさま) おならを我慢ちっ(怒った顔)するとそのおならはどこに行くか知ってますか? 腸から吸収されて血液に入り、尿や呼吸で外に出されたり、体臭として出たりするんですがく〜(落胆した顔) つまり、息がおなら臭くなったり、身体がおなら臭くなったりするということですよね。 出す場面は選ばなければいけませんが、やっぱり出るものは出さないとねちっ(怒った顔)ダッシュ(走り出すさま) わーい(嬉しい顔)
posted by kaisei1 at 08:23

2010年06月21日

便秘解消マッサージ

先週は便秘について書きましたが、せっかくですからお腹のマッサージの具体的な方法を書きますね。 まず、仰向けに寝た状態で、おなかを時計回りに円を描くように、親指以外の4本の指を使って、両手を重ねてさすります。 しばらくすると、ごろごろとおなかが鳴ってきます。 ごろごろ鳴ってもしばらく続けましょう。 まだ余裕のある方はその後お腹を1ヶ所ずつ押して行きましょう。おへそを中心に時計回りに渦巻き状にだんだんと広げていって、お腹をまんべんなく押して下さい。 そうすると一部..
posted by kaisei1 at 11:47

2010年06月18日

便秘対策まとめ

便秘対策まとめとして まずは自分のタイプを知ること 弛緩性には 1運動する 2食物繊維を摂る 3お腹ねじり腹式呼吸 痙攣性には 1不規則な生活を見直す 2ストレスを溜めない 3腸内環境を整える 直腸性には 1朝食後ゆっくりとした時間を作る 2食後のお通じを習慣づける どのタイプにも 1下剤に頼りすぎな..
posted by kaisei1 at 08:44

2010年06月17日

直腸性便秘対策

直腸性便秘を改善するには、便意を感じたときには我慢せず、排便習慣を身につけることが重要になります。 朝食の後あわただしく家を出てしまうようだと、通勤の途中で便意を感じることになり、結局我慢してしまい悪化させるということになってしまいます。 朝食の後はゆっくりとした時間を作り、便意を感じてからトイレに行ける余裕を作っておくことが何よりも大事です。 最初は便意を感じなくてもトイレに行っていきむ事を繰り返し、身体に食後のお通じを習慣づけていくことが必要です。 浣..
posted by kaisei1 at 08:38

2010年06月16日

直腸性便秘

今日は機能性便秘の3つ目、直腸性便秘について説明します。 直腸性便秘とは便意を感じたときに我慢するなどし、それが習慣化し、直腸の神経が鈍くなるもので、習慣性便秘とも呼ばれています。 直腸性便秘の原因は何と言っても便意を我慢するなどの生活習慣です。 朝食を抜くなどの不規則な食生活も原因になったりします。 対策は次回に。
posted by kaisei1 at 08:04

2010年06月14日

痙攣性便秘の対策

痙攣性便秘の対策としては 1不規則な生活(睡眠不足)を見直す 2ストレスを溜めない(リラックスするように心がける) 3腸内環境を整える です。 痙攣性便秘の場合、すでに精神的・心理的ストレスなどで腸が刺激されていますので、便秘に良いからと食物繊維を摂取することは逆効果になり、より一層便秘を助長してしまうこともありますので注意が必要です。
posted by kaisei1 at 14:21

2010年06月12日

痙攣性便秘

痙攣性便秘は精神的ストレスなどによって自律神経が乱れ、大腸の筋肉が緊張し、痙攣を起こすことによっておこる便秘です。 したがって、原因は何といってもまずストレスです。 そして不規則な生活や自律神経の乱れも原因になります。 辛いものなど刺激性のものを摂りすぎてもなることがあります。 対策については来週ということで・・・
posted by kaisei1 at 08:00

2010年06月11日

弛緩性便秘対策

弛緩性便秘を解消するには、何よりも 運動 をすることと 食物繊維 をしっかり摂ることです。 特にお腹をねじるような運動をどんどんやっておきましょう。 腹式呼吸をしながらお腹をねじると、全身の循環も良くなるのでむくみ対策や冷え性対策にもなります。具体的な方法は “だより7月号” にイラストで説明しておきますね。 お腹を時計回りにさすってあげるのもいいでしょう。 下剤を使って無理に排便するというのはあまりお勧めできませんよ。
posted by kaisei1 at 08:35

2010年06月09日

弛緩性便秘

自分のタイプはわかりました? では今日は弛緩性便秘について説明します。 慢性便秘の中で最も多いのがこのタイプで、大腸の運動が活発に行われないためにおこる便秘です。 高齢者や体力のない女性に多く見られます。 原因としては 1筋力の低下(特に腹筋)や体力の低下 2運動不足や食物繊維の不足 3下剤を使いすぎてもなります 対策については明日書くことにしますね。
posted by kaisei1 at 08:35

2010年06月08日

便秘 自分のタイプを知りましょう

先週便秘について大雑把に書きましたが、今週はもう少し詳しく書きたいと思います。 まずは自分のタイプを知ることが大切です。 下痢と便秘を交互に繰り返す症状があればまず痙攣性と思っていいでしょう。 またストレスを受ける時と便秘になる時が関連性があるようでしたらこれも痙攣性の可能性大です。 朝通勤電車で便意を感じ我慢するということが続いたり、便意はあったがトイレに行けない状況で。そういうことが続いた後から便意がおきなくなってきたのであれば直腸性の可能性が高いでし..
posted by kaisei1 at 08:47

2010年06月03日

便秘

今日は便秘について書きますね。 便秘は大きく分けて機能性と器質性に分けられます。 器質性とは大腸の病気によるものです。 一般的な便秘はほとんど機能性便秘です。 機能性便秘は大きく分けて3種類あります。 弛緩性・直腸性・痙攣性です。 体力の無い人になりやすい弛緩性便秘は身体を動かして体力を付ける事が大事です。 便意を我慢したり浣腸を繰り返すことで起こる直腸性便秘は朝食をしっかり取ったり排便の習慣を作ることが大事です。 大腸の過敏によって起こる痙攣性便..
posted by kaisei1 at 08:31

2010年03月29日

自然の中の人間

人間はもともと自然の中で生きてきました。 日中は体を動かし、夜は寝るという生活だったんです。 もともと自然の中で生きるには体は目いっぱい動かすものでした。体を動かしているのが当たり前だったんです。 体を動かしていれば生活習慣病の予防にも、便秘の予防にも、ぐっすり眠れるようにも、ダイエットにもなるんです。 ただ、何でもそうですが、生活を犠牲にしてまで健康のために一生懸命になるというのは本末転倒です。 これをしたい、あれをしたい。こういう人生を歩きたい、自分..
posted by kaisei1 at 10:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。