2011年06月22日

人間の英知

これだけ科学が進歩して何でもわかっているような気がするけど、実は身体の事ってそんなにわかっていないんです。 だから常識もその時々で変わっていくし、ブームもどんどん過ぎてはまた起きてくる。 一方で良いと言われていることが他方では悪いと言われている。 結局そんなにわかっていないんですよね。 私たちが判断することは、そのわかっていない情報を根拠にして判断しているんです。 でも、人間は何百万年も生き抜いてきたんです。 人間に進化する以前から考えれば何十億年も生き抜..
posted by kaisei1 at 08:26

2011年02月02日

ダイエットも自分で判断しよう

先日薬や健康食品のことを書きましたが、ダイエットについても一言。 みなさん、業者に踊らされすぎですよ! チョット考えてみて下さい。 なんでダイエットするのにあれこれ買わなきゃいけないんですか? そんなにお金をかけなきゃダイエットできないっておかしいと思いませんか? 単純に考えれば、食べる量を減らせばいいだけじゃないですか? でもそれが難しい。そうですよね。 そこで効率の良い方法を探そう。楽な方法、自分に合った方法を探そうということになるわけですよね。..
posted by kaisei1 at 08:23

2011年01月29日

栄養補助食品

昨日は薬のことを書きましたが、健康補助食品も同じなんです。 健康補助食品は、基本的には食品ですから副作用というのはほとんど心配ないと思いますが、あくまで 補助食品なんです。 健康補助食品を飲まないと健康になれない ということがおかしいんですよ。 本来はそんなものを飲まなくても健康でいられないと。 もっと言えば、健康をめざすための人生というのがおかしいんです。 自分の納得する人生のために、ある程度の健康は必要不可欠。 そのための健康なんです。 健康..
posted by kaisei1 at 07:48

2011年01月28日

薬の必要のない身体を目指しましょう

ロキソニンもそうですが、薬に頼るというのはよくよく考えてからにしないとダメですよ。 例えば頭痛なども薬に頼り過ぎると、鎮痛剤を飲み過ぎることによる頭痛というケースが出てきます。 そうなってしまうと、もう泥沼にはまってしまいます。 鎮痛剤はあくまで一時しのぎのもので、病気を治しているものではないということを頭に入れておかないと。 そして、薬には必ず副作用があるということをしっかり頭に入れておかないと。 試しに薬を検索するようなサイトを眺めてみて下さい。 ..
posted by kaisei1 at 07:56

2011年01月27日

ロキソニン 市販していいの?

最近鎮痛剤のロキソニンが市販されるようになった ロキソニン.png というニュースをやってましたね。 あれってかなりまずいのでは? 複数の薬局から買えばいくらでも手に入るということですよね。 鎮痛剤としてはよく効く薬ですが、副作用も強いって聞きます。 特に胃に対する副作用が強いと聞いてます。 まぁ聞きかじりなのであまり書きませんが、痛みは警告と考えないと。 警告としての痛みを消しても解決にはなりません。 問題があるから警告を出しているんですから、その問..
posted by kaisei1 at 07:43

2010年11月06日

副作用

以前に治療していた患者さんで両脚が痛いという患者さんがいました。 私の見立てでは脚の問題ではなく肝臓と全身に問題が出ていましたので、 本人の了解を得て主に全身の治療をしたところ、少し良くなりました。 私としてはとっても納得がいかない状態でしたが、 患者さんとしてはどこに行っても治らなかったので、 ある程度良くなっているということで納得しているようでした。 その患者さんがピタッと来なくなり、どうしたのかなぁと思っていたら しばらくして報告に来ました。 ..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年11月05日

漢方薬

漢方薬は本来は特定の病気に対して この漢方薬というふうに処方するものではないんです。 東洋医学には西洋医学の病名なんて無いんです。 あくまで体質やその時の身体の状態や症状から「証」というのを決定して、 その「証」に対して漢方薬が処方されるんです。 よく「カゼに葛根湯」と言われますよね。 あれも本当は違うんです。 実タイプの人(バイタリティのあるタイプ)がカゼの初期のように ゾクゾク寒気がして汗をかけないような時に飲むもので、 汗をかかせて汗と一緒に風..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年11月04日

薬の話

今診ている患者さんで、漢方薬をやめたら調子良くなったという人がいます。 だいぶ調子良くなっていたのが、最近少し調子悪い状態が続いていたんです。 それでずっと飲んでいた漢方薬を先日やめたら、とたんに調子良くなったんです。 「漢方薬は副作用は無い」という話も耳にしますが、決してそんなことはありません。 合わない物を飲めば副作用もあるんです。たとえ漢方薬でも。 西洋薬でも漢方薬でもそうですが、患者さんの身体の状態が変わってくれば 処方される薬もそれに合わせて..
posted by kaisei1 at 09:00

2010年08月27日

立ちくらみ対策

立ちくらみは食後に起きやすいタイプと立ちっ放しで起きやすいタイプがあります。 食後に起きやすいタイプの人は食事の前後にコーヒーや紅茶といったカフェインの入ったものを取るといいですよ。手足の血管が拡張するのを防いでくれます。 立ちっ放しで起きやすい人は弾性ストッキングを履くといいでしょう。血液が脚に溜まらないようにしてくれます。(足がむくむ人や静脈瘤の人にも有効です) 弾性ストッキングは病院や薬局などで販売されています。 立ちくらみのある人は是非とも試してみ..
posted by kaisei1 at 08:21

2010年08月20日

目洗い、目薬の常識

そういえば8月6日のたまこりんさんのコメントで「アイボンの常用は良くない」というのがありましたが、同じ理由でプールの目を洗う噴水の様な蛇口ありますよね、あれも良くないんですよ。 ずいぶん常識ってあてにならないものですよね。 ついでに言えば目薬の点眼の仕方も昔とは常識が変わっているんです。 「目薬はアッカンベーでできるポケットに入れて、その後目を閉じて目頭を押さえる」というのが最近の常識ですから、お間違いのないように。
posted by kaisei1 at 08:14

2010年08月07日

生命の仕組みに敬意を表して

昨日のたまこりんさんのコメントで、アイボンが大事な目の表面の膜まで剥がしてしまうという話し、そのとおりです。 科学でわかったもの、証明されたものしか私達の耳には入ってきませんが、生命の仕組みなんて実はわからないことだらけなんです。 カメラにしてもロボットにしてもコンピューターにしても、生物の仕組みを真似することでうまく働くシステムというのが今どんどん開発されています。 科学は万能の様なイメージを持っている人が多いと思いますが、生物の絶妙な仕組みがわかればわか..
posted by kaisei1 at 08:27

2010年04月14日

慢性疲労症候群

日月火と3日間ブログを休んでしまいました。 ちょっと疲れていたもので・・・ そういえば「慢性疲労症候群」というのが相当難しい病気として考えられているようなんですが、それに近いような患者は何人も診てきました。みんな簡単に治っています。なにも特別な状態では無いような気がします。 ただ西洋医学ではアプローチの方法が無いだけだと思います。そこでアプローチの方法を探ろうと、ウィルスを調べたり免疫を調べたり、要は何とか薬で治せる方法はないかと考えるのだと思います。 西..
posted by kaisei1 at 17:13

2010年03月27日

長生きの権利 私の考え

3月22日に 「長生きの権利?」 で 「先天的に能力の低い子が子孫を残すのは人類全体としていいのだろうか?」 という質問をしましたが、考えてみましたか? いろんな考えがあるとは思いますが、あくまで私個人の考えですが、人類の多様性と社会性という二つの観点からどんな人にも平等に生きる権利があると考えています。だからこそ難病の人を治したいと強く思っているんです。 一つ目の多様性について説明します。 種が生き残っていくためには環境に適応することが必要ですが、高度に適..
posted by kaisei1 at 08:56

2010年02月25日

検査が必要な頭痛

今日は救急車を呼ぶほど緊急性はないけれども、危ない病気が潜んでいる可能性があるので一度検査を受けておいた方がいい頭痛を取り上げてみます。 1.早朝におこる頭痛 2.1〜2ヶ月前に頭を強く打ったことがある 3.めまいがある 4.視力障害がある 5.頭痛薬が効かない こんな症状があるときには一度病院で検査を受けましょう exclamation 不安があればいつでもご相談ください。必要があればうちの隣は内科ですから、そのまま隣の内科で診てもらうことが..
posted by kaisei1 at 08:31

2010年02月22日

頭痛

慢性の頭痛で来院される患者さんが時々いるのですが、そういう患者さんの多くが頭痛薬を常用しています。そして話をしていて不思議に感じるのが「頭痛薬で治るうちは大丈夫だと思っていた」という言葉。 頭痛があるということ自体が大丈夫じゃないんですよ ! 頭痛薬というのは痛み止めですから、悪いところを治しているのではなくて、悪くても痛みを感じないようにしているものです。痛みというのは「悪いということに気付きなさい」というサインですから、言ってみれば火災報知機のようなものです。..
posted by kaisei1 at 12:52

2010年02月05日

本能

昨日も「身体の訴えに耳を傾けるように」と書きましたが、症状は基本的には警告という意味合いがありますから、症状が強くなるものはダメということですし、身体が楽になるものはどんどんやりなさいということです。身体は正直ですから。 あくまで「基本的には」ということですが… 動物は学校で勉強したりはしませんがちゃんと病気になってもケガをしても生きていけるんですよね。 もちろん弱肉強食で生きられない場合もありますが… 本能.jpg 病気のときには薬草を食べることもあるんですよ。 ..
posted by kaisei1 at 08:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。